外壁塗装工事が成功する無料ガイドブックを紹介

外壁塗装と屋根塗装を一緒にすると、少しだけお得になるチャンスがあります。外壁塗装と屋根塗装を別々に行うより、なぜ、お得になるのか。見えない屋根を塗装することも大事なメンテナンスです。外壁塗装と屋根塗装の同時工事のメリットとは。

外壁塗装工事が成功する無料ガイドブックを紹介 > 外壁塗装と屋根塗装の同時工事がお得

外壁塗装と屋根塗装を一緒にすると、少しだけお得になるチャンスがあります。外壁塗装と屋根塗装を別々に行うより、なぜ、お得になるのか。見えない屋根を塗装することも大事なメンテナンスです。外壁塗装と屋根塗装の同時工事のメリットとは。

外壁塗装と屋根塗装を同時に工事する時の相場

外壁塗装と屋根塗装は同時に工事するのが理想的です。建物のメンテナンスは外壁塗装だけではありません。屋根塗装つまり防水工事も重要です。外壁塗装と屋根塗装を同時に工事するメリットは、

・一度にメンテナンスが終わる
・塗装業者側も売上と儲けが大きい
・工事依頼側も費用負担が減る

ということです。恐らく、外壁塗装と屋根塗装を同時に工事して費用負担が減るという事に疑問を感じるかもしれませんが、大きく違うのは、足場費用が1回の負担で済むという事です。新築から10年後に外壁塗装工事をし、その翌年に屋根塗装が必要になるようなら同時に工事する方が、足場費用1回分が無くなるので費用負担が軽くなります。足場費用の工事代金における割合は大きいので、できるだけ同じタイミングでメンテナンスする方がお得ではあります。

まだ塗装業者も同時に工事することを想定して、工事代金を若干引き下げることがあります。キャンペーンなど期間限定の時もあれば、常時、工事メニューとしているところもあります。外壁塗装のみより屋根塗装との同時の工事では、工期が若干長くなります。しかし長い目でみると住宅や建物の大規模なメンテナンスは、できるだけ回数は少ない方が費用負担がトータルで軽くなるので、同じタイミングが理想的です。

外壁塗装と屋根塗装を同時に工事した方からの口コミ情報があるので、シェアしたいと思います。新築から20年経過した時に同時に工事をした2階建てに住む方の体験談です。

"電話帳やチラシを見て工事店に依頼。屋根の色が抜けてほとんど色が分からないような状態だったが、しっかりと綺麗な色になりました。また、外壁もとても良い色になり、工事をきっかけに家の外観の点検も行うことが出来たので、メンテナンスをしたことで安心して住み続けられますす。

残念ながら、写真で外壁と屋根のカラーシュミレーションをしてもらっていたのですが、実際には全然違う色になったため、塗装業者の方とトラブルになりました。その後、よく話し合って現在の納得のいく外壁の色になったので、事前に納得がいくまで、こちらの希望を伝えないと結局、遠回りになるということが分かり、この経験がとても教訓になりました。 "

工事代金は120万円でトラブルによる追加請求はなかったようです。いろいろと参考になる情報が詰まっています。

外壁塗装と屋根塗装の同時工事の口コミ

外壁塗装と屋根塗装の同時工事の口コミをシェアします。外壁塗装工事のみとは金額の相場が違います。支出は大きいですが、10年の間に外壁塗装1回、屋根塗装1回の2回工事より、外壁塗装と屋根塗装の同時工事1回の方が割安です。足場を2回かけるか1回で済むのか、これ、非常に重要なところです。工事単位でみると外壁塗装と屋根塗装を1回ずつした方が、それぞれの工事価格は抑えられます。

しかし、外壁塗装と屋根塗装の同時工事をセット価格として値引きしたメニューがあったり、足場費用の負担が1回で済むなどトータルでは同時工事がお得です。タイミングと予算の都合が合えば、同時工事をおすすめします。同時工事を実施した方の口コミ情報をシェアします。

"友人・知人からの紹介です。私の実家は自営業で、お店と自宅がひとつになった建物です。中々家計に余裕がなく、長年外壁の色は気になっていたのですが、踏み出せずにいました。しかし、さすがにお店のことを考えると、色褪せた外壁は見栄えがよくないとのことで塗装をすることにしました。とてもきれいになり、お客さんからも評判がよかったことが一番よかったことです。

いつもうちに来てくれていたのが、おそらく上司と部下という感じの2人組でした。私達にはとても丁寧に接してくれるのですが、ふたりで仕事をしているとき、上司が部下を怒る声が、家の中まで聞こえてきました。しかもそれがお隣さんにまで聞こえたとのことでした。あまりいい気持ちはしません。何かミスをして指導をするのは仕方がないですが、事務所に帰ってから話をするなど、方法は考えてほしいと思いました。 "

この口コミ情報をまとめると、
・店舗兼自宅を施工
・外観が変わったことで店の評判が良くなった
・担当の上司と部下の関係性
ということになりますが、業界特有のパワハラ体質と言いますか強烈な上下関係がイメージ悪いですね。その会社のマネジメントやコンプライアンスを疑ってしまいます。

上司と部下の関係は難しいものですが、そろそろピラミッド構造の組織体制に限界が近づいているのかもしれませんね。

外壁塗装と屋根塗装同時工事の適正価格

外壁塗装や屋根塗装の適正価格とは、お客さんの要望と予算に対して業者側が出した見積り金額が妥当かどうかを判断できなければ、答えは出ません。仮に見積もり価格が予算を上回っている場合、何がネックなのか調べる必要があります。

しかし、この追及が出来ないから見積もり価格の比較をしがちなのですが、比較したところで工事内容や塗料の知識、項目ごとの価格相場を知らなければ意味はありません。ただ、高いか安いかだけが判断材料になるわけです。

また、適正価格を求めるのなら、絶対にやってはいけないことがあります。やみくもに新聞チラシや電話帳、住宅会社や訪問営業(飛び込み営業)を相手に、外壁塗装の見積もりや価格相談をすることです。「営業マンがいい人そうだった」という意味不明な理由で外壁塗装や屋根塗装を任せるのも止めましょう。損するだけです。ほぼ間違いなく徒労に終わるか、最悪の場合、外壁塗装や屋根塗装について何も知らない事につけ込まれて、もっともらしい理由をつけて法外な価格の追加工事を提案されたり、見えない場所で手抜き工事をやって、暴利をむさぼる悪徳業者の標的になってしまいます。

ここで外壁塗装と屋根塗装を適正価格に収めるためのポイントを列記しておきます。

これだけでも大きな違いがわかると思いますが、長年にわたって外壁塗装や屋根塗装の情報を発信している会社によると、まだまだチェックしておくべき事があるため、悪徳業者に騙されないよう、外壁塗装や屋根塗装工事を失敗しないよう、気を付けるべきことはたくさんあります。

外壁塗装や屋根塗装のピークは梅雨入り前と暑さを過ぎて気候が落ち着く秋。きれいな自宅で正月を迎えたいというのが動機の中でも多くなっています。塗料の乾燥のためには、気候が安定した時期の方が工期も伸びませんので、都合もいいですよ。

これらの時期になると塗装業者はキャンペーン価格を打ち出します。キャンペーン価格は確かにお得で、地元密着の塗装専門工事店のチラシは参考になります。基本的に、業者そのものに不信感を抱いている人も少なくないので、「外壁塗装 失敗」「外壁塗装 悪徳業者」「外壁塗装 価格」「外壁塗装 後悔」など、検索機会が増えているのも事実です。地元の塗装店なら情報収集も難しくないでしょうから、問い合わせてみるのも良いと思います。

外壁塗装と屋根塗装同時工事の見積もりサービス

外壁塗装や屋根塗装でキャンペーン価格を狙うとしても、塗料のグレードを落としたものしか使えなかったりと、様々な縛りがあるから価格が安いという状況もあり得ます。仮に、指定塗料の場合のみキャンペーン価格が適応されるという条件だったら、セット塗装の投げ売りとでも言いましょうか、単に余った塗料を処分したいという内部事情があるのかもしれません。その指定塗料が自宅の塗り替えに偶然でも適用できるのなら問題は無いわけです。が、余った塗料は人気が無い、品質が怪しい、仕入れミスのどれかですから、キャンペーン価格であっても適正な見積もりかどうか判断は必要です。

工事価格の見誤りは大きな経済的損失を生みますし自宅の資産価値も下落しますから、価格の安さ、値引き、特別サービス、というセール感覚で飛びつくのは間違いです。繰り返しますが、塗装工事の価格に関しては、自動車の購入と違って安易な値引きは、優良業者ほど実施していません。予算の範囲内でベストな材料を選択し、工事に関わる職人さんの人数や工事期間についても、きっちり見積書に記載されているかチェックすべきです。

建物の状況と予算を見合わせながら、精度の高い見積書を出すのが、優良業者の特徴です。 仮に見た目以上に下地が損傷し修復などの費用が上がり、予算内では治まらないケースも珍しくないわけですが、そういったイレギュラーな事には対しては、お客さんが納得するまで説明し、合意を得るまで勝手に追加工事を進めることは決してしないものです。人当たりが良いから、というのは単に調子がいいだけなのかも知れませんよ。現場を知らない実務に疎い営業マンより、おしゃべりが上手でなくても、現場責任者が真面目に説明してくれる方が、ずっと安心出来るはずです。

どうしても見積書の見方がわからない、適正価格が判断できない場合は、優良工事店ネットワークへ相談すると良いです。無料ガイドブックを請求すると、見積もりのセカンドオピニオンも可能になります。

優良工事店ネットワークの見積もりサービスを利用する場合は、この程度のスケッチで現地調査もなく見積書が届きます。

既に他社から貰っている見積書を優良工事店ネットワークが鑑定するサービスもあるので、問い合わせてみてください。